トップページ | Light Installation by Kyota Takahashi »

2004年5月30日 (日曜日)

30

r663nfjd.JPG

30歳になって、時間の進み方や使い方等、
つまり時間そのものについて、自然に感じとるようになった。

20代の頃はがむしゃらで、がんばらなきゃとか計画的にならなきゃとか、いろいろ焦ったり悩んだりしたんだろうが、最近そういう事がない。べつに成長したとか、よりよく時間を使えるようになったわけではないんだけれど。

なんというか、”時間のながれみたいのに身をまかせるしかないんだな”、”時間に流される前にやることをやらないとな”という感覚。これら2つの感覚が大事なんだってことがわかった。まあ、結局どんどん流されているかもしれないんだけどさ。

Recently, at my age of 30, I started to realize about the nature of time, which flew fast and slow at, so called, my conscious time. When I was in the 20s, I was young and ambitious to control it. I tried to spend it as I had wished and planned, but, of course, I always failed and sometimes felt bad about myself.
The young period might have been gone by now. Perhaps this would sound like a Zen monk for you, my friend; I start following the flowness of time. Alas, I am not like a Zen monk at all. I merely began to realize; you got to do what you got to do! ----before you are taken by the flowness of time!

|

トップページ | Light Installation by Kyota Takahashi »

C o l u m n」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30:

トップページ | Light Installation by Kyota Takahashi »