« At the sengawa station/仙川駅にて | トップページ | A WEEK OFF »

2004年6月23日 (水曜日)

GLENN GOULD/The Goldberg Variation BWV988

kk4e2g0l.GIF If you allow me to speak about Glenn Gould's music, I may talk forever. What is it? What is the reason why this weird Canadian pianist is adored by the worldwide listeners, even after 22 years has passed since his death in 1982? I believe it is because his music is about the soltitude in faith, which anyone could get related to. After we are born as a man or a woman, after all, we are all alone and live along with the lonely life. And I guess, he was like a master of soltitude life?

With his 1955 debut album, Bach's Goldberg Variation made a sensational sales worldwide. This Bach's masterpiece took 300 years to reach the young genious's hands, performed on new instrument; the piano. For the heaven's sake, finally the music is given to us as a great gift. The album is still on the top of classical music sales charts today.




グレン・グールドの音楽について語るともうとまりません。そもそも、この偏屈者カナダ人ピアニストが、1982年の死から22年も経過した今でも世界中で愛されるのはなぜなんでしょう?ぼくなりの答えはというと、それは彼の音楽が心の強さのある孤独を奏でているからだと思うんです。結局人間は生を受けてから、寂しさから逃げることはできませんよね。寂しさと仲良くしてくのが人生ってもんです。思うに、グールドという人は、孤独な人生の仙人だったんじゃないかなって。



1955年のデビューアルバム、バッハのゴルドベルグ変奏曲は、それこそ世界中でセンセーショナルな売上げを記録しました。この傑作曲は300年もの時を経て、この若き天才の手にわたり、(バッハの時代にはない)ピアノによって演奏されたのです。なにわともあれ、やっと私たちへの至宝となったわけです。今でもこのアルバムはクラシックセールスのチャート上位に入っています。

http://www.glenngould.com/

|

« At the sengawa station/仙川駅にて | トップページ | A WEEK OFF »

M u s i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GLENN GOULD/The Goldberg Variation BWV988:

« At the sengawa station/仙川駅にて | トップページ | A WEEK OFF »