« Magnolia(1999)-P.T. Anderson(Dir) | トップページ | Rainbow »

2004年7月13日 (火曜日)

Water to be

qbrdu4i4.GIFWow... For the instance, my mind was assimilated into the water. I didn't know how long it took to be. It was a mysterious feeling... which, I became as if I belonged to the transparency. I couldn't think of anything. I was just there--as the transparent being. Maybe it happened only less than a minute. I don't know. It was a brief but good experience that I had learned how clean the natural water can be.



わあ。その瞬間、私のこころは水と共にあった。ふしぎな感じだった。私は透明感を体全体で感じ、その透明感そのものになってしまったようだった。考えなど何も浮かばず、私はそこにただ存在したーー透明そのものとして。それは1分間より短い出来事であろう。覚えてはいない。一瞬でも素晴らしい経験だった。自然の水ってこんなにもきれいなものなのだとわかった。

|

« Magnolia(1999)-P.T. Anderson(Dir) | トップページ | Rainbow »

H a w a i i」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Water to be:

« Magnolia(1999)-P.T. Anderson(Dir) | トップページ | Rainbow »