« 祭りを逃す | トップページ | Autumn 2004 »

2004年10月 3日 (日曜日)

CHICAGO(2002) - Rob Marshall

LIBERATION of woman, as well as the medium of film



 CHICAGO is a great revoluthinary film. Is this judged by comparing the other conventional film though? The answer is no. This is a revolutionally film since the West Side Story won the Oscar Best Picture in1961. SO what does make CHICAGO as a revolutionary?

 A film is to be created and produced by compiling of many artistic field as follows: Directing, Cinemaphotography, Casting, Editing, Acting, Writing (Script), Music, Artistic Direction (Design). In CHICAGO, the film got them all! (plus, SINGING! by professional actors! Not to mention, actor's job is acting, not singing.)

 CHICAGO's medium is the film, but it also represents as both of the theateric art and the musical entertainment. The viewer may feel like in a theater watching a film as well as musical or the other theatric act.

 At the end, so what the story is about? That is the question; even a good one to think about. I am sure that this film IS a great "entertainment", but the behind of it, something very dark and ironic words are hissing in my ears. As you know, the city of CHICAGO has been known as a crime city. Well, there are many things to assume. This is the story about man and woman, crime, guns, scandals, fame, dirty money, lawyer, the law system.....And THAT'S CHICAGO (America)???

 

 c.gifハイ。みなさん、こんにちは。淀川長治さんと握手したことのある私、hiroの映画紹介コラムです。きょうはすごいですよ。ミューズィカル。CHICAGO。スィカァーゴ!あれを映画で撮っちゃった。舞台が映画になっちゃった!キアスティングが凄い。あのプリティ・ウーマンのリチャード・ギア。すごいですね。歌うまい。喋りもうまい。タップダンスも踊る。いい俳優さん。粋ですね。私好きですね。この人。どんどん良くなる。と、淀川節はこの辺にして。(ちなみに私はリチャード・ギアは苦手。)

 キャサリンがすごいんだってば。キャサリン・ゼタ・ジョーンズが!すごいことになってるんですがな。歌うわ、踊るわ、演技でキメルわ。もーそりゃ、マイケル・ダグラスなんかと結婚してほしくなかったわけですよ(嘆)!レニー・ゼルフィガーも凄いんだけど(あまり好きな俳優でないのでおいといて)、マグノリアの警察官役だったジョンCライリーもいいんですよ。いやあ、みんな凄いです。歌うわ、踊るわ、演技するわで。でもこの映画、ひょうひょうとしたエンターテイメントに仕上げておきながら、生臭い闇の怖さを伝えている。月光に光るナイフのように。。。監督は映画初撮りという強者、ロブ・マーシャル。参るぜ。。。編集とか映像とかがすげえ。カメラ数十台使っている上で、照明やカメラワークは完璧、そして、ジャンプカット(要するにシーンとシーンがババっと変わってわかりにくいバッドな編集:日本のテレビドラマや映画ですぐお目にかかれるもの)が全くなかった!すごいですね。では、さよなら、さよなら、さよなら。

 

★★★☆1/2 (3.5 out of 4)

|

« 祭りを逃す | トップページ | Autumn 2004 »

F i l m」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CHICAGO(2002) - Rob Marshall:

« 祭りを逃す | トップページ | Autumn 2004 »