« Closer to the heart | トップページ | 富士山がみえたよ。-Mt.Fuji- »

2004年11月30日 (火曜日)

J.S.バッハ - 権威と秩序 -

DSCF2239.jpg

Sometimes, I see miracles. It is merely a chance of nature. I assume that there is no order, perhaps. Nature might not have her own will. I know that I may become sentimental or may think too much. Still, sometimes I see the nature as a miraculous thing. It is beyond our words. Those leaves fell onto the earth, and each of leaves make uncertain distances among them. HOW!? WHY!? Wind blows, and they are gathered with a certain places. WHAT IS GOING ON? I am always amazed in the state of wonder. Despite using our lauguate to express my feeling, the closest reminiscece to the wonder is that of J.S.Bach's music. There is authority and order. When you hear the music, you know him there. You feel the order of sheer beauty. Sometimes we think that there is only chaos in this world, but at least there is one...that is the music of J.S.Bach to me.
 
 陽光の中で気持ちよく落葉をながめていると、なんともいえない奇妙な美しさというか、偶然とでも言うべきか。自然とは奇跡のように見える。落葉は重ならず、ばらばらにそれぞれの距離を保って地に落ちた。重なる場合もあれば、見事に同じ距離を保っていたり。風がふけば、道端に行進してるかのように郡をなしてゆく。いったいこの「力」は何だろう?その時自分がセンチメンタルになってるか、考えすぎになってるのは承知しているが、不思議でしょうがない。自然に意思などない。「神」の話はどうもついていけないところがあるし。特に理由なんて必要ないし。とにかく美しさや驚きを感じるだけで幸せだ。その美しさと驚きは、そのままバッハの音楽にあてはまる。その音楽を聴けば、そこにバッハがいる。それは彼の権威である。そして、世界にはカオス(混沌)しかないと心が沈む時、少なくともバッハの音楽という秩序があるという光がさす。落葉たちが、まるで決められている場所に落ちて行くかのような秩序。バッハにはそんな美しさと驚きがある。
 
 Johann Sebastian Bach
 The Well-Tempered ClavierⅠ, BWV846 - 869
 Glenn Gould, piano

|

« Closer to the heart | トップページ | 富士山がみえたよ。-Mt.Fuji- »

M u s i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ - 権威と秩序 -:

« Closer to the heart | トップページ | 富士山がみえたよ。-Mt.Fuji- »