« Oasis | トップページ | Wolfgang Tillmans: Freischwimmer »

2004年12月21日 (火曜日)

Abstract

DSCF2327.jpg

 To begin with, I say, "Abstract" art is very academic.
"I don't know what it is, but it looks interesting!" "I love works like Klee and Kandinsky stuff." ----well, if lots of boys and girls in society start saying these things from the early 20s, it would be nice, but the truth is absolutely not like that through my experience. The art is mysterious, curious, and charming, I always would say. Isn't it nice to say, "hmmm, to me, this looks like the shape of a cornbread with cheese I had yesterday." Uh, something like that; a jokey example, sort of.
 To be honest, one time, I thought the whole idea of abstract art seemed to be silly, useless, and hopeless. Even I kept thinking about it. The world would not be changed at all despite of whatever the art have surpassed its quality or study along with the human history. What are we? What a waste of time and space!
 To be academic, it is a wonderful thing. I don't have to be smart. I don't have to say anything. Just being like a kid. It is the key. Free my senses! Free my mind. And it is free to feel and think about anything from the abstract work. The world stays as where I am, but the freedom of abstract gives me a chance to change my bad mood and dry mind. It could be a waste of time and space, but sometime and someday, it fulfills my heart, and hopefully yours too.

 はじめに一言。「抽象」アートは、記憶や感性を豊かにします。
 「見た目はよくわからんが、面白ぇじゃん!」「あたしクリーとかカンディンスキーの作品大好きなのよ」とか、20代前半頃から世の中の男も女もそんなこという人がたくさんいたら、スんゲエですが、まあ実際は(経験からしても)ありえませんな。私が思うに、神秘的で、興味深くて、魅惑的なアートなんですがねぇ。「ほぉぉぉぉお、こいつは、きのう食べたチーズ付きトウモロコシパンの形にそっくりだぁー!」とかなんとか、言ってみたいと思いませんか?。。。変な冗談ですみません。(冗談じゃなくてもいいけど)
 マジメな話。一度、抽象アートそのものについて、ツマラナイ、ヤクニタタナイ、ミライモナイ、とも思いました。よっく考えました。抽象アートがどう頑張っても、歴史からみても、世界はよくなってないわけですから。ワレワレ人間は何者?全てが時間と空間の無駄ではないかと。そこまで考えた。
 心豊かになる。それはよいことです。頭よくなくてもいいし、何も言わなくてもいい。ただ子供のようになればいい。そこが大事かな。感覚をカイホー!石頭もカイホー。抽象作品を見るには、何を考えるのも感じるのも自由です。自分のいる世界は変わらないけど、その抽象の自由さが自分の中の喧噪や石頭を変えるチャンスをくれます。時間も場所も無駄にしてるかもしれないけど、時として、ある日、私の何かを満たしてくれる、豊かにしてくれると思うわけであります。どうぞ、みなさんも「抽象」なものをお身近に。

|

« Oasis | トップページ | Wolfgang Tillmans: Freischwimmer »

A r t」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Abstract:

« Oasis | トップページ | Wolfgang Tillmans: Freischwimmer »