« Abstract | トップページ | 黒澤 明:アート展 »

2004年12月28日 (火曜日)

Wolfgang Tillmans: Freischwimmer

DSCF2416.jpg

A Review@12/26/2004,
Wolfgang Tillmans:Freischwimmer, Opera City Art Gallery

Where is this talented artist going to go?
This exhibition was perfectly done. Supreme. Probabaly no photographer in the world could represent his/her work as well as Wolfgang Tillmans achieved. His theme was very solid and achy with a sorrow voice. The big Gallery turned to be his own personal world, as if the audience stuck in his brain, in there we could witness, which was the world that represents a chunk of the real world. Simply I imagined that the critics would say that this is the vision of "the lost generation." as Hemingway said. These are the people who are young and don't believe in God or anything. I don't know what it is to be placed; a new German Realism in the post-modern age? We were hopeless, helpless, and restless? Since Japanese don't believe in anything, I wonder what the audiece thought about this exhibition. --What did I think about this exhibition? I thought the work was great, but I didn't feel a sense of hope, compassion, or human, from these works. His vision is strong, but what the eyes see? Just a strict presence? What is it for? I'd like to know.

この才能あふれる芸術家はどこへ向かうのか?
完全ともいえる展覧会だった。至極の。ティルマンズが行ったような空間作り(インスタレーション)を行うのは、世界中のフォトグラファーを探してもそういないと思う。テーマとヴィジョンは至極鋭く、痛々しく、深い悲しみにある。ばかでかいギャラリー空間が一転して、まるで彼の頭の中そのものみたいな空間になっていた。そこで我々は目の当たりにするのである。その空間が現実世界と繋がっていることを。ふと思ったのだが、批評家はこのヴィジョンこそが、ヘミングウェイが言っていた「ロスト・ジェネレーション(神を捨てた世代)」そのものだと指摘するのではないか?まだどう受け止めていいかわからないけど、これはポストモダンにおけるドイツ新現実主義とかなのか?希望もなく、無気力で、絶えず不安な私達とでもいうか。日本人はこの展覧会をどう見たのだろう?ぼくはどう見たのか?作品としては素晴らしかったけれど、これらから希望とか同情とか人間みたいな感情を受けなかった。ヴィジョンが強いけれど、ティルマンズの目は何を見ているのだろう?ザラっとした現実だけ?何のために?そこが知りたい。

|

« Abstract | トップページ | 黒澤 明:アート展 »

A r t」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wolfgang Tillmans: Freischwimmer:

« Abstract | トップページ | 黒澤 明:アート展 »