« たいやき | トップページ | S i l e n c e »

2005年1月17日 (月曜日)

Light Speed

DSCF2896.jpg

If I could travel at the light speed, I would see my friends in oversea, and shook our hands. It would be nice...but I believe, the moment or hours of our traveling is nice too. This is not meant to be trashing the vision of children's dreams that we see in comic books and movies. It means...I might have been a "grown up." Nothinng is special but sometimes I am a person who appreciate the inconvenience and the time consuming. (It can be crazy to say, but I say it anyway.) "The inconveniece becomes a cultural value in the 21st century." For the inconveniece, many people died and suffered in the old period, but nowadays, it provides us mental and physical strength in everyday life. I know it is a paradox of logical thinking. But think about it, except the situation of natural disasters in thesedays, we don't easily die. Ironically, PEOPLE kill each other in everyday life. Before our brains get heated, why don't we enjoy the slow speed?

光の速さで移動できたら・・・真っ先に海外の友人に会い、握手を交わせることだろう。いいもんだろうな。でも、移動する時間やひとときがいいもんに感じることもある。別に「どこでもドア」みたいな子供たちの夢を壊す話をしてるわけじゃないんですが。そう、ぼくは大人になっちまったんだな、きっと。いばるわけじゃないけど、ときどき、不便さや無駄な時間を大切に思う人間であったりするんです。言ったら変に思うかもしれないけど、まあ言っちゃうと、「不便さというのは21世紀の中で文化的な価値観となる」と思っている。過去の時代、その不便さのせいでたくさんの人が苦しみ、死んだ。でも近年では日常レベルで精神面や肉体面の強さをつけてくれると思う。これは逆説的な論理思考と言えるけど、よくよく考えてみても、最近の天災をのぞけば、人は簡単には死なない。皮肉にも、日常レベルで「人々」が殺し合っている。頭があつくなる前に、ゆったりな速さを楽しもうとするのが良い感じがするんです。

Charlie Hunter featuring Nora Jones
More than this

|

« たいやき | トップページ | S i l e n c e »

C o l u m n」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Light Speed:

« たいやき | トップページ | S i l e n c e »