« Finding A New Door | トップページ | いい映画さがし »

2005年1月22日 (土曜日)

Mr. Lennon

DSCF2943.jpg

 I am not a good chef, but cooking is a fun thing to do. It might be a center of living a happy life. Sometimes I enjoy planning the process of cooking the dinner. While I am working or riding my bicycle on the way back to home, I think about the plan in a part of my head. Some of my friends tell me a joke; "you can be a full time household husband." I always agree.
 When Ms.Lennon gave a birth of Sean, Mr.Lennon had taken care of their baby as a full-time household father for 5 years, until he started recording his last album (Double Fantasy) Somehow the episode in a life of John Lennon keeps in my heart and I adore it for years, which means something good for myself, maybe.
 In Japan, there is a lot of issues to raise a child. The social environment is terribly behind from one in Europe and USA. The low birth rate keeps going down even if the economy has recovered. Only I can do right now is sighing...and enjoy cooking.

 シェフには程遠いが、料理は好きだと思う。幸せな人生は食にあり、だよ。たまには、夕食の仕立てを考えるのが楽しい。働いている時や自転車に乗って帰宅する時、頭の片隅で仕立てを考える。友人にはよく冗談を言われる:「良い主夫になるよ」
 ミズ・レノンがショーン君を生んだ時、ミスター・レノンは5年間育児をしました。最後のアルバム(となってしまったDouble Fantasy)をレコーディングするまで。ジョン・レノンの人生の1エピソードですが、この話は、高校生の頃からもう何年も、どういうわけかぼくの心に留まっている。たぶん自分にとって、何か意味があるのかもしれない。
 日本は子供を育てる上で、ヨーロッパやアメリカと比べての社会的環境が整ってないと思われます。(育児休暇とか男女の社会的地位とか受験教育とか問題だよねぇ)少子化は経済が回復しようとしまいと続くでしょう。間違いない。今できることと言えば、ためいきをつくこと、そして、料理を楽しむことぐらいだな。。。(暗いシメでごめんなさい。)

|

« Finding A New Door | トップページ | いい映画さがし »

P o l i t i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mr. Lennon:

« Finding A New Door | トップページ | いい映画さがし »