« Girl with a Pearl Earring (2003) - Peter Webber | トップページ | Ocean's Eleven (2001) - Steven Soderbergh »

2005年2月27日 (日曜日)

マルセル・デュシャンと20世紀美術

raw015.jpg
MIRRORICAL RETURNS : Marcel Duchamp and the 20th Century Art
1/5 (Wed) - 3/21 (Mon) 横浜美術館 - Yokohama Museum of Art

When you think about what art is, you know that there is no answer and definition. If you keep seeking about our words and meanings, you can be either insane or, if you are lucky, being like Mr.Duchamp. I think he is the first one to do it successfully. Honestly I am not sure that his works are good or bad, but I understand how he invented a way of presentation for the modern art. I think what he had represent with his works was showing himself; a way he lived, thought, and saw of the world. The world was a full of irony, and sometimes with meanness, but somehow, the way of his representation has a manner; meticulous, elegant, and organized. To see his works was interesting, but I feel numb. There is no impression or emotions. Only I saw was his manner and order; how he lived. Do I call his works as art? I don't know. I really don't care, tell you the truth.

アートとは何かを考えた時、そこには答えや定義がないことを知る。もし言葉や意味そのものについて追求しだしたら、気がふれるか、あるいは運がよければ、デュシャンのようになれるかもしれない。 彼は一番はじめにアートの定義をうまくやってのけた人だろう。正直に言うと、彼の作品がいいかわるいかなんてよくわからない。でもモダンアートの提示方法をつくりあげたのは、なんとなくわかる。デュシャンは自分の作品を通して、自分が生きて、考え、見ている世界を示しただけだ。その世界は皮肉に満ちており、時には卑劣ではあるが、計算高く、気品があり、まとまっている。見てもかまわないけれど、なんだか脱力してしまう。そこには印象も感情もないからだ。見ているものは、彼という人間が生きた様式と秩序だけだった。これをアートと呼ぶのか?わからない。本音をいいますと、どうでもいいんじゃないの?と思う。

1枚の写真、ゲルハルト・リヒターの「階段を降りる裸体」があった。素晴らしかった!

|

« Girl with a Pearl Earring (2003) - Peter Webber | トップページ | Ocean's Eleven (2001) - Steven Soderbergh »

A r t」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルセル・デュシャンと20世紀美術:

« Girl with a Pearl Earring (2003) - Peter Webber | トップページ | Ocean's Eleven (2001) - Steven Soderbergh »