« Not Yet | トップページ | 雪沼とその周辺 - 堀江 敏幸 »

2005年2月 6日 (日曜日)

Arvo Part : A L I N A

DSCF3189.jpg

For a few months, I have been undecided to make a title for my next work. The theme is "white light," and I don't wanna title it as simply as "white light." White light has many meanings; hope, expectation, and positive perspective, etc. My aim is to express the entity of "white" surround in landscape, when I photographed, and when a viewer sees, hopefully. Now this post sounds like a crappy statement. Anyway, this album, "ALINA", by Arvo Part is a beautiful music. It is an album, as if we wanted to hug in our arms. I listen to this album over and over. I always read liner notes of CD booklets and the first word I read in this album's booklet was, "white light." Accidently, "this" happens to me. Spooky.

もう数ヶ月の間、次の作品のタイトルを決めかねている。テーマは「白い光」、でもそのまんま「白い光」にするかどうか。「白い光」にはいくつかの意味がある。希望、観望、展望、などなど。その白の存在が情景には潜んでおり、ぼくが写真を撮る時、あるいはみなさんが作品を見た時、そうした精神性・内面を見てもらえれば、というのがねらいです。なんだかクサいアーティスト・ステートメントになりました。とにかく、このアルバム、アルヴォ・ペルトの「アリーナ」ですが美しい音楽です!まるでふと手のうちに抱きしめたくなるようなアルバムです(→村上春樹の真似)。もう繰り返し繰り返し聴いています。いつもCDのブックレットは割と読む方なんですけど、このアルバムのライナーノーツを読もうと最初に目に飛び込んだ言葉が、「白色光」。やらせじゃないです。こうした偶然はよく起こります。。。ビビリます。

|

« Not Yet | トップページ | 雪沼とその周辺 - 堀江 敏幸 »

M u s i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Arvo Part : A L I N A:

« Not Yet | トップページ | 雪沼とその周辺 - 堀江 敏幸 »