« 雪沼とその周辺 - 堀江 敏幸 | トップページ | うなだれる2月、幸せの和紙 »

2005年2月13日 (日曜日)

Barry Lyndon (1975) - Stanley Kubrick

bl_1.jpg I am not sure what this film is about. My first thought; what is a genre of this film? It was filmed in 1975, but I have never seen such a film like this. If I dare to name a genre, it would be "documentary drama."

 As always Kubrick's film does, this film also gave me the creeps! The lack of love, compassion, honesty, patience and kindness; you know how the story goes with them, don't you? We could educate ourselves by watching the foolness of human behavior and history in his movies. On the contrary to the creeps of the story, the cinemaphotography is the top of list! THEY REALLY LOOKED LIKE VERMEER PAINTINGS! Kubrick filmed with F0.7 Lens camera, lit with candle lights and natural lights. What a man!



 いやあ。名作は過去にあり、だな。やっぱり。しかし、この映画、ジャンルは一体何?それが映画を見終わって始めに思ったこと。1975年の映画だが、未だかつてこんな映画みたことない。あえてジャンルづけるなら、「ドキュメンタリードラマ」とでもいおうか。

 キューブリック作品はいつもそうだが、感覚の底の底からゾッとさせられる。愛の欠如、思いやりのなさ、不誠実さ、不摂生、小悪さ。これらから行くつく結末は自ずと知れてる。彼の映画は愚かな人間の歴史と行動を思い知らせてくれる教育映画なのです。それにしても、そのゾッとは対照的に、映像美はすごすぎです。まるでフェルメールの絵画のようです。なにしろ、F0.7というレンズをつけて自然光とキャンドル光だけで撮影したらしい。凄いお人でした、監督。



Barry Lyndon ★★★☆ (3 out of 4)

|

« 雪沼とその周辺 - 堀江 敏幸 | トップページ | うなだれる2月、幸せの和紙 »

F i l m」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Barry Lyndon (1975) - Stanley Kubrick:

« 雪沼とその周辺 - 堀江 敏幸 | トップページ | うなだれる2月、幸せの和紙 »