« Last Tango in Paris (1973) - Bernardo Bertolucci | トップページ | マルセル・デュシャンと20世紀美術 »

2005年2月27日 (日曜日)

Girl with a Pearl Earring (2003) - Peter Webber

p.jpg

真珠の耳飾りの少女 (★★☆☆ 2 out of 4)

美しいフェルメール世界にいる、美しいスカーレット・ヨハンソン。
見終わっての感想、心に残った印象はそれぐらいでしたが、何故か、
この映画のDVDは手元におきたい気がして買っちゃおうと思ってる。

というのも、メイドである彼女が毎日洗濯し掃除をし、食事の支度、
そしてアトリエにいる姿、どれもこれもが文化的に見えて興味深い。

時代考証あーだこーだは気にしないけど、もしこれが当時(1665年)
の生活を忠実に再現したものならば、まあ言ってみれば美術館的な映画
である。キャンドルの光は温かく、冬の雪はさぞ寒かっただろうなあ。
映像を通して、昔の人の生活の厳しさや苦労が少しは想像できました。
結局、そんな文化面が映画全体を通してあんまり生きてないのが残念。

ほんっとに、美しい映画なんですよ。。。(泣)          

|

« Last Tango in Paris (1973) - Bernardo Bertolucci | トップページ | マルセル・デュシャンと20世紀美術 »

F i l m」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Girl with a Pearl Earring (2003) - Peter Webber:

« Last Tango in Paris (1973) - Bernardo Bertolucci | トップページ | マルセル・デュシャンと20世紀美術 »