« 魔女の宅急便 (1989) - 宮崎 駿 | トップページ | 25 x 40 »

2005年3月24日 (木曜日)

West meets EAST

  It's been a while I haven't written a column. Let's do it. n.jpg



Had lived about the six years straight (never given myself back home for the years) in Massachusetts, USA, now, I have lived in the 6th years in Tokyo, Japan. Compared how I used to be americanized in a way, I become more like an asian man in these days. I FEEL IT. Simply saying, it is because I am losing the americanized character in one part or another, I have learned more of the Japanese vocabulary and the traditional custom- perhaps it is likely to be in the business life as well as the living life. I might have been lost some vocabulary and expression in English, but I am able to enjoy watching movies w/o Japanese subtitles, for mostly, and, hey, I still know how to spell Massachusetts. How about that!?  The main reason I started this blog was to balance out between the Americanized character and my Japanese? (or Asian) character, by writing columns in bilingual. It was a big gap between like black and white. Yeah, my noodle was pretty much brain-damaged all the way. It had been crazy. Crazy days are over. Gone. Thank my goodness. Woooooosh! I thank my family for the most. I start enjoying my new life and friends, new people again. Although I MISS MY FRIENDS OVER THERE! AND I AM HERE! That is an achy heart of mine. Truth. Reality. Can you believe that your soulmate friends live in the overseas? West meets East. East meets West. The world needs that in the 21st century.



21世紀。それは東と西(文化差)が統合する世紀であってほしい。北と南(貧困差)は難しいそう。どちらかひとつでも繋がってほしい。ぼくが生きてる間には無理か。感覚的に、アジアのリーダーとなりえるのは、間違いなく中国であるように思う。日本もそれなりにリーダー的な国だけど、どこまで古き良き価値観を持ち続けられるのか?価値観を壊し改善しながら進む国より、何を考えてるかわからないけど、未知数なぐらい可能性を秘めた大国の力というのは計りしれない。ただアメリカと同じように南北問題を孕んだ病める超大国になるのを再び目にするのは、かなりショックではある。 ートのマーケットをとっても、東と西だと全然違う。生き方や価値観が違うからだ。感覚的にわかってきたが、でも生きること、死ぬこととは、結局どこで生まれようが同じであって、価値観の違いなど、それは感性をもって接すれば理解不能なものではないように思えてきた。近年、スポーツやアートを通して、東と西が理解を深めてきているとすれば、21世紀のうちに、新たな発見と収穫も得られるように思う。そう願いたい。ぼく自身、アメリカナイズされた自我とアジア人としての自我が、だんだんバランスとれてきたような感覚がある。だけど、これからもっと西を理解にするには、やはり西の友人が必要だ。大事な友達が、ソウルメイトのような存在にアメリカで出会ったというのは、ぼくの人生で感慨深いことに思うのである。日本人としての自我は、よくわからんので考えないことにしている(笑)

|

« 魔女の宅急便 (1989) - 宮崎 駿 | トップページ | 25 x 40 »

C o l u m n」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: West meets EAST:

« 魔女の宅急便 (1989) - 宮崎 駿 | トップページ | 25 x 40 »