« グレン・グールド論 - 宮澤 淳一 | トップページ | In color »

2005年4月10日 (日曜日)

あの空の向こうに (1999) - Joe Johnston

os.jpg

  October Sky

   Joe Johnston, director (1999) 



  A Good Old American Story

  ★★★☆1/2 (3.5 out of 4)

 





This was not an exaggerated American dream. A true story. A good old world of USA in the late 1950s. A generation of the people were depressed and started worring about the country's future. This was the story about a boy and his father, the family, and the people in a small town of coal industry, WV.



Beautifully filmed. I didn't know this director who directed the special effects of Star Wars series. The story seems to get slow sometimes, but it doesn't bother much to me. It tells us that we, all the adults, need to dream as well. The best thing about this film is that the story is not too dramatized like acted by big Hollywood stars. It seems like a story of everybody that each of us as "grown ups" can get related to the boy (or the father, mother, family or the people in a small town.) A sweet, heart warming drama. I watched the end credits with a full of good heart. IT did not happen to me for a long time.



ド派手なアメリカンドリームでないのがイイ!しかも本当の話。1950年代後半の古き良きアメリカ物語。当時、国の将来に陰が落とされ、人々が不安を感じ、暗いムードが漂う社会。これは、ウェストバージニアの小さな炭鉱の街、その人々、父と息子、その家族、を描いた作品です。



映像が美しく撮られている。この監督、スターウォーズの特殊撮影部隊のお人らしい。知らなかった。ストーリーはところどころ遠回しになるけれど、あんまり気にはならなかった。大事なのは、主人公の少年と一緒になって「夢を見ること」なのである。この映画で一番よくできているところは、有名なハリウッドスターを使わず、派手なドラマ仕立てにしてないとこにある。そうすることによって、誰もが共感できる誰ものストーリーに感じられるようになっている。(それは少年に共感するだけでなく、父親に、母親に、あるいは街の人々に共感するかと思う)甘く、あたたかいドラマです。エンドクレジットをこんなにゆったりした気分で眺めていたのは、ぼくにとって本当に久しぶりのことだった。

|

« グレン・グールド論 - 宮澤 淳一 | トップページ | In color »

F i l m」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの空の向こうに (1999) - Joe Johnston:

« グレン・グールド論 - 宮澤 淳一 | トップページ | In color »