« A momentary lapse | トップページ | 繋がっている »

2005年5月22日 (日曜日)

Never let me go

nltmg.jpg

 There are too many noises and sounds in this world. Sometimes you get very annoyed with too many voices and melodies in everywhere.
 I love this album all the time, because...it suits for a quiet night in any mood. Simply, it is quiet. Towards the end of this CD, the music got excited, but the piano trio performed in a manner like minimum music through the live concert. The Jazz songs played by Keith's quiet melodious piano, supported by Jack's delicate drums and cymbals, and also accompanied with Gary's elegant bass. On a top of it, applause by the Japanese audience is beautiful.
 I believe the relaxed mind in good music remembers where the human heart belongs to be.

 世の中にはたくさんのノイズや音響が存在している。時として、どこもかしこも多重の話し声やメロディーにうんざりすることもある。
 ぼくはこのアルバムが大好きだ。なぜなら、あらゆるムードの静かな夜に似合うから。簡単にいって、静かなアルバムだ。CDの終わりにいくにつれて盛り上がるけど、このトリオはライブ全体を通してミニマムな音づくりに統制した上で演奏している。ジャズの名曲らがキースの静かでメロディアスなピアノで歌われ、ジャックのデリケートなドラムとシンバルにサポートされ、ゲイリーのエレガントなベースが渋い味付けをしている。加えて、この会場にいた観客(ほぼ日本人でしょう)の拍手が見事な程美しい。
 いい音楽でリラックスする人間の意識は、人の心がどこに落ち着くべきかを思い起こさせてくれると思う。

cd.jpg  TOKYO'96
  Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack Dejohnette

   1. It Could Happen To You 2. Never Let Me Go 3. Billie's Bounce
   4. Summer Night 5. I'll Remember April 6. Mona Lisa 
   7. Autumn Leaves 8. Last Night When We Were Young 
   9. John's Abbey 10. My Funny Valentine/Song

|

« A momentary lapse | トップページ | 繋がっている »

M u s i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Never let me go:

« A momentary lapse | トップページ | 繋がっている »