« A machine to die for | トップページ | French Suites, BWV 812 - 817 »

2005年7月24日 (日曜日)

Immigrant's Bossa Band

IBB.gif
オイラ、ミーハーではないんですが、このバンド、イイです。「追っかけ」したい程好きなバンドです。(アメリカにずっといないで)日本に戻ってきてよかった!と思ったぐらい、それぐらい嬉しかった。このバンドのサウンドを聴いた時は。ジャジーなコード進行やノリやすいフレーズ、個々の技術もさることながら、それを上回るフィーリングとインプロヴィジョン。ルースでありながらタイト。ホットでクール。スナップの効いたグルーヴ。いいバンドは必ずいいリズムセクションがあるという鉄則どおり、時にはボサノバ、時にはサンバ、みたいな自由な心地よいサウンド。褒めてばっかし。だんだん人気でてるみたいだけど、もうちょっとブレイクしてもらいたい。だってこんなにいい音楽してんだもの。どんどん曲つくって、どんどん演奏してほしいです。



|

« A machine to die for | トップページ | French Suites, BWV 812 - 817 »

M u s i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Immigrant's Bossa Band:

« A machine to die for | トップページ | French Suites, BWV 812 - 817 »