« ほんとうの色 | トップページ | ハンバーグと選挙、そしてサミット »

2005年7月 1日 (金曜日)

ブラームスの愛

DSCF3565.jpg

Although my beloved composer will be J.S.Bach, I have been adored the music of J.Brahms. Nevertheless he is a genious among the master composers like Bach, Mozart, or Beethoven, he is much closer to an ordinary man. As the heir of Beethoven, Brahms studied so hard of the classic style and created the new era; neo-classicism. I could only imagine how hard it was, and feel sorry for his personal life; falling in love with a wrong woman who was the wife of his best friend, Robert Schuman. Well, there's nothing related his personal life to mine, but, I always appreciate so much for the sound of his soul, solitude, and joy, thorough his music.

たぶん一番好きな作曲家はJ.S.バッハになるが、ブラームスの音楽を愛してやまない。バッハ、モーツァルト、ベートーベンと言った巨匠らの1人である天才に変わりはないけれど、一番ふつうの庶民っぽいのが彼だと思う。ベートーベンの後継者として、ブラームスは一途に古典を学び、新しい時代:新古典主義を築いた。もの凄くたいへんだったと想像できると同時に、友人であったロベルト・シューマンの妻を愛してしまった人生に同情する。ま、ぼくの人生にそういうことは全くないけど、でも、常にブラームスの音楽を通して、彼の魂、孤独、そして喜びのある音楽にとても感謝している。

b.jpg Sonata for Violin & Piano No. 1 in G major ("Regen"), Op. 78
 Sonata for Violin & Piano No. 2 in A major ("Thun"), Op. 100
 Sonata for Violin & Piano No. 3 in D minor, Op. 108


  Itzhak Perlman (Violin), Vladimir Ashkenazy (Piano)

|

« ほんとうの色 | トップページ | ハンバーグと選挙、そしてサミット »

M u s i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームスの愛:

« ほんとうの色 | トップページ | ハンバーグと選挙、そしてサミット »