« When it rains... | トップページ | 暑かったです »

2005年7月10日 (日曜日)

TWO for ONE

u.jpg


Mr.Mozart must be rolling his eyes if he ever listened to this performance. This is one of the greatest musical performance ever. I can not believe what I hear from this CD, as if two performers became one performer, playing two instruments at a time. Breathing, phrasing, beating on the same pulse, and musical interpretation; all these are the same, sharing one piece of music and time. What on earth two different body and soul becomes as ONE? The performance does not sound "erotic" like the other Romantic performance, (surely reminds you, this is by Mozart) but it brings us a great excitement and warmness. Everyday I listen to this CD (as well as Alfred Brendel's new Mozart album), and I can not believe what I hear and feel from this CD. Listen and imagine those two people as one.



神聖なるモーツァルトは、この演奏を耳にしたら、度肝を抜かれると思う。演奏の中の演奏と言っていい。未だにこのCDから聴けるものに対して、自分の耳が信じられない。あたかも、2人演奏家が1人の演奏をしているかのように、2つの楽器を同時に1人で奏でているかのように聴こえるのである。息づかい、フレージング、リズムの阿吽、そして音楽的解釈、、、これら全てが一致し、まさしく音楽と時間を共にしているがわかる。いったいぜんたい、どうすれば2人の異なるこころとからだが、ここまで「1つ」となりえるの!?一応述べておくけど、これはモーツァルトの時代。ロマン派とは違い、エロチックな官能的な音の響き合いとは違うけど、この演奏からは、よい緊張感と安堵感が感じられる。毎日、(ブレンデルのモーツァルト新譜も聴いてるけど)このCDから聴こえてくるものに、仰天してます、マジで。聴いて、想像してみてください:2が1になるんですヨ!





Mitsuko Uchida - Mark Steinberg - Mozart Sonatas for Piano & Violin

Sonata for Piano and Violin in F (K.377)

Sonata for Piano and Violin in C (K.303)

Sonata for Piano and Violin in E minor (K.304)

Sonata for Piano and Violin in A (K.526)

|

« When it rains... | トップページ | 暑かったです »

M u s i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TWO for ONE:

« When it rains... | トップページ | 暑かったです »