« Winter Pacific Saury | トップページ | 浮遊する時間 »

2006年3月10日 (金曜日)

GO - 金城 一紀

go.jpg

やっと読めました。この本。ひさしぶりにのめりこんだ小説でした。傑作だな、と思いました。問題定義と社会メッセージ性の強さが気持ちいい。人物も生き生きとしているし、映像的でもあり、心理描写もユーモアがあって面白い。全国推薦図書にしたい(笑)あまりにもウマい文体だし、素晴らしい設定・世界観なので、「博士の愛した数式」と同様に映画を観るべきかどうか悩みます。しばらく文章にひたって、ちょっとしてから映画をレンタルしてみようかな。

|

« Winter Pacific Saury | トップページ | 浮遊する時間 »

B o o k」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GO - 金城 一紀:

« Winter Pacific Saury | トップページ | 浮遊する時間 »