« Rearview @ FSC | トップページ | Recent Favorites »

2006年10月 2日 (月曜日)

Gallery/Speech Report

dscf7352.jpg


Black and white photographer finds detail

by Craig S. Semon, Staff Reporter

the Montachusett T&G




On September 13th, I was back in my college, Fitchburg State College, Masachusetts. I was given an opportunity to make a speech in front of many students and people who came to see me at that day. It happend to me to return there about 6 years after the last visit, and 9 years after my graduation. What a night! I appreciate all the people there, listening to my bad English spoken speech, and giving me welcome handshakes and warm hugs. Thank you!



I was very nervous and get excited about communicating with the people, now I almost forgot the content of my speech, but in here, a nice beard guy, Mr.Craig S. Semon from the local newspaper, the Montachusett T&G, summarize what the night was like and what I wanted to say in speech. Thank you very much, Craig. (2 Notes though, I am 32 years old, and my teacher's name is Peter Laytin.)



I am working on my new work, now, with good and refreshed spirit.

Hope I see you all again, within a few years.



Thank you.



Hiroaki Yamashita,

At my appartment in Tokyo



(Japanese Translation as follows.)



去る9月13日、母校である米国マサチューセッツ州フィッチバーグステートカレッジを訪れました。当日、ぼくに会いにきてくれたたくさんの生徒や人々の前でスピーチをする機会があったのです。最後に母校を訪れたのが6年前、卒業から9年目の事でした。忘れられない夜となりました。あの場所へかけつけてくれ、ぼくのヘタな英語スピーチを聴き、さらに握手やハグしてくれ、温かく迎えてくれたみなさん本当にどうもありがとう。



大勢の人前で、とても緊張してたし、凄く興奮してたので、ほとんどスピーチ内容を覚えてないんですが、ナイスな髭をお持ちのクレイグ記者(ローカル新聞のレポーター)がとてもナイスで友好的な記事を書いてくださいました。あの夜の出来事やスピーチの記憶が綺麗にまとまってます。ありがとう、クレイグ。(2点、間違いがあるけどね。)



いま、とてもリフレッシュした感覚で新作にとりかかっております。

またいつか、あの場所で会った皆さんにお会いできれば嬉しいです。




(すみません。記事の日本語訳は、とりあえず保留で。ごめんなさい。)

|

« Rearview @ FSC | トップページ | Recent Favorites »

A r t」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gallery/Speech Report:

« Rearview @ FSC | トップページ | Recent Favorites »