« Recent Favorites | トップページ | U2, Vertigo Tour, 2006 »

2006年12月 4日 (月曜日)

武士の一分 (2006) - 山田洋次

ichibun.jpg

          武士の一分 (2006)   
          山田洋次監督  
     
             三村新之丞(木村拓哉)    
             三村加世(檀れい)      
             徳平(笹野高史)       
  
          ★★★1/2      
          良いでがんす。    
 

    正直な話、期待してなかったんだけど、予想をかなり裏切っ
    て良かったです。 木村拓哉さんはテレビからスクリーンにで
    た、という感じで 良いと思う(というより今までで得たもの
    をやっと出した)のですが、やっぱり回りの人も凄く光って
    いる。奥さん役の壇れいさんは素晴らしいなあ。やはり物語
    の核となる部分が良いので、ほろりとさせられます。本当に。
    慎ましく、淡々と、時にはドラマチックに語られる日本人が
    思う愛のあり方。

    とにかくアクションものというより、ラブストーリーとして
    のメッセージが強いと思う。全体的なバランスが良いので、
    たくさんの人が見ていろんな事を感じられる映画になってい
    ると思います。すざんだ世の中の感がある時、全てを変えら
    れるのは 男と女からしかないのだと思わせてくれました。

|

« Recent Favorites | トップページ | U2, Vertigo Tour, 2006 »

F i l m」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分 (2006) - 山田洋次:

« Recent Favorites | トップページ | U2, Vertigo Tour, 2006 »