« プラスマイナス・ゼロ | トップページ | グレートギャツビー »

2007年1月10日 (水曜日)

Jazz in 大戸屋

 あけましておめでとうございます。



 新年早々から風邪を引いてしまいました。風邪をひかないぼく

 としては珍しい事です。未だに治りません。今日は会社へ初出

 勤となったのですが、流石に夕御飯つくるの面倒なので大戸屋

 へ行きました。チキンと豆腐のトロトロ煮定食。美味しい。よ

 く食べたくなります。 海藻の糸くずとネギをポン酢しょうがに

 いれたものが一品ついていたんですが、アイデア賞ですねぇ。

 今度真似しよう。



 食べ終わって満足な呼吸をしていると、永い事聴いていない

 ブラッド・メルドー・トリオのリバーマンがかかりました。

 ナイスだね。思わず読んでいた本を置き(去年半ばから読み

 切ってなかったカズオ・イシグロのNever Let Me Go)耳を

 すましてリラックスできました。隣から席から父と娘の会話。



父:これはね、ジャズって言うんだ。大人の音楽だよ。

 (ふ~ん。大人の音楽かあ。面白い説明だなあ)



娘:ふ~ん。どんな音楽なの?

父:大人の音楽なんだ。ジャズはねぇ、アメリカのニューオー

 リンズっていう所で黒人さんが作った音楽なんだ。

 (お。ずいぶんしっかりした説明だねぇ。感心感心。)



娘:ふ~ん。ジャズって何?

 (いい質問!さすが子供。さすが娘。さて、お父さん?)



父:ジャズはね、音楽のジャンルなんだ。

娘:ジャンルって何?

 (ふむふむ。お父さん? なんて答えるわけ?) 

父:ジャンルはねぇ。そうだ!”クラッ”シックみたいなやつ。

 わかるかな?”クラッ”シック。

 (思わず吹き出しそうになった。)

娘:わかんない。



父:クラッシックはさ、ほら、オーケストラだよ。

 クラッシックっていうのもジャンルなんだ。



 娘さん、おそらく目が点になって会話終了。

 なんだか面白い場面でした。

|

« プラスマイナス・ゼロ | トップページ | グレートギャツビー »

D i a r y」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jazz in 大戸屋:

« プラスマイナス・ゼロ | トップページ | グレートギャツビー »