« 秋芳洞にて | トップページ | グリーグ演奏会: ヨハンセン陽子 »

2007年6月15日 (金曜日)

デジタル時代への疑問

 

dscf8435.jpg


 フォトショで写真を良く見せる小技を見つけた。 考えてみれば、もともと、どうすれば良い写真に見せれるかというのは、ちょっとしたコツがあって、絵や字をうまく見せるのと同じで、そういうのは幼少の頃から感覚だけで学んできた。写真に関して言えば、全て暗室で学んだ事だった。



 いまはぜぇ~んぶフォトショでできるんだもんなあ。カンタンだよなあ。つまり、今回得た小技は、暗室での小技をまた1つフォトショで実行できるようにしただけに過ぎないんだと気がついた。そこで、ちょっこり考えてみた。



 暗室に籠るのと、フォトショで切磋琢磨するのって、同じぐらいの経験値とか感覚が養われるのだろうか? 



 若い世代って何でもデジタルから入門するわけだよなあ、と。オイラは人生なんでもあり、と考える方なので、それはそれで良いと思っているのだが、暗室で目と全身を使って養われる精神性と、デスクにはりついて目と頭と上半身だけ使って養われる精神性って、どー考えても全身の方が深いし、得るものが大きい気もするのだが。気のせいか?



 え? ふつーそういう事考えない?

 

 それはどっちでも良いので特に気にしないのだが、世の中を見ていると、少なくとも四六時中携帯ばかりみてる人々に人間らしさが養われてゆく気はしない。むしろ失われていると思う。個人的に思うのだが、携帯電話を新しいコミュニケーションとして、良いイメージで売る大手会社のCMは不快に思える。特にドコモのラジオCMはあきらかにおかしい。「携帯が心をつなぐ」 みたいな事を過大妄想してるような気がしてならない。若者の時間とお金をたかが5センチのスクリーンに釘付けにさせてどうするというのだ?まあ、ぼくがいまの若者だったら、それはそれで受け流すところと反抗する部分を持ったと思うけど、やっぱり流されてしまう方が強い気がする。実際、今の自分だって普段ときどき使う携帯で、やりとりが気になる時だってある。企業というのは、確かに儲かればその恩恵はあるが、生きるためとは言え、社会や人間の生き様さえ変えてしまう影響力が大きくなりすぎると、むごいものにも思う。文化を築く時代というより、退廃的文化な時代にも思える。いいのかなあ、こんなもんで。このデジタル時代。



 え? ふつーそういう事言っちゃいけない?

 

|

« 秋芳洞にて | トップページ | グリーグ演奏会: ヨハンセン陽子 »

C o l u m n」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタル時代への疑問:

« 秋芳洞にて | トップページ | グリーグ演奏会: ヨハンセン陽子 »