« A snail it is. | トップページ | セバスチャン・サルガド展 »

2009年11月 7日 (土曜日)

The Limits of Control - Jim Jarmusch (2009)

jim-loc.jpg

 先週見たのだが、もう一回見たくなってきた。
 なんだろう、あの感覚は。トリッピーな感じだ。Borisという日本のバンドがつけた音楽もとてもトリッピー。そもそもジムの映画は常に、古き良きロードムービーであり、場所から場所へと移動していく。案の定、大都会の映像ではじまるこの映画は、スペインの山奥へと舞台をどんどん移動していく。ロードムービーは、人の意識層に入り、また出て行くような作品なのだが、近年のジャームッシュは何かシュールな、彼にしかできない映画作りになってきている気がする。

 "Go to the tower, Go to the cafe, Wait for a couple of days,
 and watch for the violin."


 ~タワーへ行け。カフェへ行き、数日待て。バイオリンを探せ~

 以上が、ストーリーのオープニングなのだが、ここから既に詩的。
 この感覚がもやもやと続く。 想像力が膨らむ。映像が流れゆく。時が過ぎる。場面が変わる。風景が変わる。編集のリズムが変わる。見ている人の意識に深く深く潜りこんでゆく。

 その繰り返しではあるので、時として眠くなってしまう事もあるのだが、いいんだよねぇ、この感じが。言葉が美しく、頭のなかで何度もぐるぐるする。

 そして、終わってみれば、なんだか突然、日常に戻ってくる感覚がやってくる。映画を見ていることがまるで夢であったかのように。

 前作ブロークンフラワーズも良かったけど、
 今回の作品が今までで一番好きかもしれない。DVDで何度も見たい映画だ。ありがとう、ジム! となぜか良いたくなる。理由はよくわかんないけど、会ったこともないこの人とは感覚が合うのだ。 不思議な美学。でも敷居の高さなどを感じさせない芸術作品。映像を見ているだけで楽しめてしまう。生涯で初めて、言葉そのまま”ミニシアター”と言える吉祥寺のミニシアターで観た。映画も不思議だったが、空間も不思議だった。あんなに狭い空間で少人数で映画を見るという体験ができるのも日本だけかもしれない。

|

« A snail it is. | トップページ | セバスチャン・サルガド展 »

F i l m」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Limits of Control - Jim Jarmusch (2009):

« A snail it is. | トップページ | セバスチャン・サルガド展 »