« Ocean, and mountain | トップページ | Homage to Mr. Walt Disney at the Tokyo Disney Sea Resort »

2012年10月 7日 (日曜日)

雨、曇、ブラームス

Img_1757

幻の橋、タウシュベツ橋を見に北海道旅行を計画したのだったが、雨男を自認している自分としては案の定というべきか、連日の雨に見舞われ終いには台風まで来てしまい、去年に引き続き撮影旅行はほぼ全日程で雨という結果だった。おかげでここのところの作品は、霧っぽいもの、ジトッと湿っぽい感じで静けさのある風景ばかりとなっている。トドメは、幻の橋は幻の橋のまま湖の下に沈んでおり見れずしまいだった。

10年以上も前からの事だが、どんより雲から太陽の光が射すと、なぜかブラームスの交響曲1番を連想する。勝手にあの和音の分厚い音が頭の中で鳴りだすのだ。バイオリンの風が吹き、アルプスホルンが辺りの空気を雄大に一転させ、雲の切れ間から堂々とした太陽の光が降り注ぐ。そんな光景をブラームスのファンは皆、音楽を聴きながら連想しているのではあるまいか? 同じような光景はベートーベンの最後のピアノソナタ32番の最終楽章の終わりでアルペジョが演奏されるあたりでも見られる。こうした風景は、長年自分だけの光景として想像してきたものではあるが、実際には無音で言葉もない自分独りの世界で、自然の中では一瞬であるような一場面を目の当たりにすると、時代も年齢も異なる大作曲家たちが言葉ではなく音で表現された世界と繋がるような妄想を抱くのである。

それにしても連日の雨には気が滅入る。少しぐらい透き通った空気の中でスカっと抜けた写真を撮らせてくれまいか?と思うものだが、お天道様はそうさせたくないらしい。それでも、今回の旅の最後に、夕日の太陽が雲の裂け目から神々しい光を放っていた。

|

« Ocean, and mountain | トップページ | Homage to Mr. Walt Disney at the Tokyo Disney Sea Resort »

M u s i c」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1329587/47338634

この記事へのトラックバック一覧です: 雨、曇、ブラームス:

« Ocean, and mountain | トップページ | Homage to Mr. Walt Disney at the Tokyo Disney Sea Resort »