B o o k

2010年5月 6日 (木曜日)

1Q84 Book 3 (2010) - 村上春樹

世界はねじまがっているかもしれない。世界をねじ曲げたのは、他ならぬ人間の男であり、女である。それでも、男はたった独りの女を見つけ出し、あるいは女はたった独りの男を見つけ出す。それでも世界はねじまがってゆくのかもしれないが、男と女がうまく生きていければ、そこに光はある筈だ。

と、いうようなハッピーエンディング。謎かけや種明かしはない。それでいい。そんなことやってたら陳腐だ。そういうのを永遠と熱く考えるのも楽しいかもしれない。でも、マザとかドウタとか、空気さなぎはなんぞやとか、もう余計な小説装置はいらないと思う。春樹さんが世界中の誰にでも楽しめるような総合小説を目指しているのなら、そういう装置はもういらないと(少し前から)思っているのだけど、このBook 3は、単純に、探偵ものな展開でスリリングで面白い。それでも、何かしら感じるところが多いし、考えさせられるところが具体化された。

例えば、いままでは抽象的な”小説装置”で語られてたところが、具体的に人物のできごととして描かれているところ。それは、人の死についてだった。いままでは『エレベーター』とか『井戸』とか『森』とか『向こう側』とか、シンボリックな小説装置で語られていたところが、実際に、生と死、さらには魂のゆくえを描写するような形で、物語の中で推考されている。これは、ねじまき鳥クロニクルで、間宮中尉が長い長い手紙で主人公と読者に語りかける事で、生きていることは、過去という歴史との関連性があるということを示唆したように、多くのことを考えさせてくれる内容だった。まあ、実際に魂のエネーチケー集金人に心の扉をノックされたら怖いだろうけど、人の命には代価が生じ、何かしら支払うものも生じるということ。そうやって人は歩み、死というステージに向かう。そして逆に、物語ではあるが、『では、なぜこの人は死ななくてはならなかったのか?』という観点で読むと面白いというか興味深かった。また、主人公二人に加わってねじ曲がった人生を歩んでしまった牛河の視点が語られる。読んでて気味が悪いけど、同時に憐れみを感じる絶妙なバランス。この人の運命にも一瞬驚くと同時に、どちらかといえば不憫に感じた。宗教者は、あるいは神がいるのなら、こういう人にも恵みを与えるのだろうか?宗教的には許しになるのかもしれない。

善とはなんだ、悪とはなんだ、とかの観点で読むとさらにこの小説は複雑になってしまうので、それ以上のことは考えてもしょうがないところなのだけれども、春樹さんが一番伝えたかったのは、「男と女でうまく頑張っていこうよ」という当初から変わらぬメッセージだったように思う。これはもう、ファンだから言える好意的感想なのであって、文句なしで面白かったけど、万人にオススメできる類いの本ではない気がする。小説装置が複雑すぎたし、小説装置そのものに興味を持ったり、受け入れる読者なら良いけれど、それがままならない読者には、全く受け入れがたい物語になりえるからだ。

今後は、ドストエフスキーと一緒で、大長編一本で行くのだろか?三人称でたくさんの人物がでてきて、それぞれでぐちゃぐちゃな事を考えてて、それぞれが何かしらクロスする魅惑的な総合小説を春樹さんの巧みな文章で読めたらどれだけ楽しい事だろう!ぜひぜひ、余計な小説装置は抜きでお願いしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木曜日)

食堂かたつむり (2008) - 小川糸

食堂かたつむり

買ったきっかけ:
冒頭を読んでみてコイツは面白そうだと思った。

感想:
物語としては意味のないような、あるいは終いまで書かれてない感じはあるけれど、独特で、思いつかないような言葉の表現感覚が面白い。そこから紡ぎだされる文体から、ゆったりとした時間やじっくり料理をする楽しさが伝わってくる。一言でいえば、変わった女の子の失恋後の内向的世界。作者も主人公もユニーク。なんだか攻撃的にこの本を批評する感想があるのは、ユニークさを異端とし、受け入れにくい日本社会の一例に感じてしまう。一方で、誤解を招きそうな感じがあるのは事実。確かに物語は少々ぎくしゃくしてて、完結してない感じはするけれど、説教っぽくせずに命の大切さやはかなさを表現することに、この本は成功しているようにぼくには思えた。全財産よりもお祖母ちゃんから引き継いだヌカを愛するところに、お金の価値観だけが先行してしまう現代社会において面白さを感じられずにいられない。異端だけど魅力的。そういうのが受け入れられない人にはオススメはできないけれど、誰にでもある思春期のへそ曲がりを思い出すというか、いじいじと時間を過ごしてしまう時間を垣間みるようなところに共感できて面白かった。実際に、男に全財産と共に逃げられた女性の気持ちは想像すらできないけれど、少しばかり応援しながら読むのは男の心理なのだろうか。

おすすめポイント:
じっくり時間をかけることの大切さ。お金よりもヌカを大事にするところ。料理を通じて人の輪ができること。

食堂かたつむり

著者:小川 糸

食堂かたつむり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土曜日)

1Q84 - 村上春樹 (2009)

 愛はうまくいかず、恐怖が顔を出し、歪みつづける世界



 何度か読み返して、なんとなく自分の理解を得る。海辺のカフカ以後、春樹さんの作品は複雑で、いろいろ考えても答えなどない。重~い読後感。一方で、次の作品で何かものすごいものが読めることを期待する。それぐらい引き込まれる物語。読み終えた後でも頭の中でいろいろ考えを巡らせて、精神的によくない(苦笑) そういう私は間違いなく村上春樹ファンなのだが、ねじまき鳥クロニクルには”自分という存在が歴史や人の縁を巡って生きていくのが人生というもの”という言葉にならない答えみたいなものがあり、海辺のカフカ以降は”そういった答え”みたいなものが出せずにいた。



 1Q84では、海辺のカフカ同様、ギリシャ神話のように人間や人生を”超越した登場人物”が登場する。超能力者とか怪人という程度の存在ではない。それは、”理解を超える存在”だ。仮に、著者が意図的にそれを”悪、あるいは悪に関する存在を具象した人物”にすると、本の紹介にもあるとおり、”そうであったかもしれない世界”が存在する。あ~、ややこしい。ファンじゃないとここまで考えないかもしれない。



 だが、私たちの世界を見据えると、闇について考えさせざるを得ない。いつ頃からか、人は肉体とは別に、別の世界が存在していきているのを何となく知り始めている気がするからだ。精神の世界とか、意識の世界とか、心の世界とか、肉体とは別に存在する世界が”大きく”なってきた時代である。人は肉体を離れたところで病み、精神を犯し、肉体をほろぼそうとする。それが社会というシステム(システム自体も肉体になるのかどうかは別として)をもほろぼそうともする。



 1984年は、その頃から日本と日本人に”既にはじまっている”意識破壊、精神破壊のはじまりの年”であるかのように、男女が交差するようで交差しない物語が、歪んだ”1Q84”年の上で著されていく。そこには、その10年後に”起きたのかもしれない”事象を想像させるし、あるいは、10年後に限らず、世界中でも今も昔も”起こりえる事”、あるいは”起きている事”を想像させる。そんなこと想像すると、この物語によくもわからず引き込まれる自分も怖いし、なんだか簡単にいろいろな内容に答えを出してる感じもするネット上の感想も怖い。



 単純に言って、何がが間違ってしまい生じた世界について、いろいろと答えを出すことを物語とか文学として解釈することに怖さがある。後半にでてくるマザとかドウタとかパシヴァとかレシヴァなどがそうだ。謎解きのように楽しむものなのだろうか? まあ、小説とはフィクションであり、エンターテーメントなので、それはそれで良いが、なんだか怖い。思考やシステムにとりつく人ほど、心が弱い方向へとらわれやすいからだ。現在騒がれてしまったインフルエンザの事ひとつだって、人はメディアと情報にまみれて不安を生じやすくなっている。私たちはいったいいつからこうした不安を抱えやすくなったのか? それは、1984年かもしれないし、それは何年でもいいんだけど、いつ頃からか、人々が肉体という生よりも、意識の中の死を大きくしてしまったのだろう。



 物語の中で、いろんな思想が語られるが、果たして私たちはどう汲み取っていいのかわからない。「均衡こそが善」とか「愛さえあれば」とか書いてあるが、やはり答えはない。どちらかといえば、この物語は、愛よりも恐怖についての物語であるように思う。愛がうまくいかなくて、恐怖になってしまった世界。春樹さんは、おそらくそれを意図しているのではないかというのが、私の出した答えだった。やっぱり、それでも恐怖をのりこえて、愛のある世界、、、という視点の物語が読みたい、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月曜日)

猫を抱いて象と泳ぐ - 小川洋子 (2009)

yokoogawa.jpg

   何かを愛すること、人を愛することというのは、
   自分も相手もなく、この世界そのものを愛することから
   はじまるのかもしれない。

   自分をできるだけ無くし、相手と共に世界を愛することに
   自分の居場所を見いだす。そうした行為がどれだけ美しく
   どれだけの愛情と平和を生み出すことか。

   そうした事を感じさせてくれる素晴らしい本。

   ジョン・アーヴィングの「オーウェンのために祈りを」を
   思い出しましたが、西洋の生き方とは違い、日本人が美徳
   とする謙虚でいることの尊さを筋とした物語なので、より
   心に響きます。題材がチェスという西洋のものではあるけ
   れど、テーマはチェスと同じで普遍性のもった美しい内容
   に思いました。

   この物語の主人公であるリトル・アリョーヒンのように
   謙虚に生きることは難しいことなのかもしれませんが、
   たくさんのすれ違いやぶつかり合いの起きてしまっている
   世の中で、世界的にみても謙虚でいることの大切さを穏や
   かに伝えてくれる素晴らしい本に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土曜日)

鴨川ホルモー - 万城目 学

511gkwhw98l._aa240_.jpg

鹿男あをによしに引き続き、万城目 学さんのデビュー作、鴨川ホルモーを読みました。正直、とてもシンプルな感想ですが、こんなへんちくりんな小説、読んだ事がない!と叫ばずにいられないような、これまた壮快な小説でした。

”鹿男~”でもそうでしたが、時々、文章がとても映像的なんだけども、リアルな映像よりも”漫画を読んでいる感じ”がします。それでは、漫画のようにビジュアル的なエンターテイメントを主にしているかというとそうでもありません。”鹿男~”でも歴史的要素を物語に絡める事で、作品に深みを持たせたり、かといって偉そうに説明的な文章になる事もなく、この作者には”表現したいこと”みたいなものがキチンとあって内容のある作品になっていると思うのです。

深みある内容をどう感じ取るか、受け止めるかはおそらく読む人によって全然違ってくるとも言えそうですが、とにかく読んでいて気持ちがいい。日本人としてのアイデンティティの有り難みについて、変に熱く語られるような気味悪さもなく、古都・京都という地域性からやんわりと感じられるような、そんな気がします。

今後も、万城目さんのへんちくりんな小説が読めるかと思うと嬉しくってたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土曜日)

鹿男あをによし - 万城目 学

thefantasticdearman.jpg




 面白い! 面白いです、この本は。

 久しぶりにのめりこめる本でした。読後感も良いし、おすすめです。



 元は、いまテレビドラマでやっているのを観たのがきっかけですが、やはり本のちから、言葉の力は凄い。映像的で、ユーモアがあって、説教臭くもない毒もあって、ひとひねりあります。展開は割と見えちゃいますが、それでものめりこませる文章力や構成が素晴らしいです。歴史の素晴らしさを感じることができます。



 まえまえから奈良に行きたいとは思っていたのですが、今年こそ奈良に行きたいです。より楽しみになってきました。頭の中の奈良の想像を膨らませながら。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日曜日)

グレートギャツビー

この本を語るにあたって、その内容そのものについて書いてい

る方があまりにも少ないので(ネタバレを避ける為なんでしょ

うけどね)自分の考えを書いてみようかと思いました。    





グレートギャツビーが村上春樹訳で話題になっていたので読ん

でみた。読みやすかった。他の訳者との翻訳を比べてみると

読みやすい。でも原文を読むと主人公であるニックは、頭でっ

かちな知的な30代という感じがする。つまり、フィッツジェラ

ルドはとても古風な文体を取っているわけで、当然知識層以外

を対象とした文体を取ったとは思えないのです。だから、内容

も難しい。そして、文体だけがこの作品の評価対象となり、み

んな文体の事しか話さない。おいおい、それでいいのかよ?と

乱暴ながらに考えてしまう。 名作とは言え限られた観念をもつ

人間だけを対象に書かれた印象さえしてしまう。



しかし村上訳はすんなりと読めるので、新たなニック像がうま

れ、オリジナルのニック像とは少し違う感じにはなっているが

その分、この本の物語が示唆するドス暗いものを浮き彫りにし

ている気がするのである。だからこそ、村上春樹がこの本を世

界文学の何よりも最高傑作と断言している気がする。



この本は、男女という世界で一番小さいユニットがどういう世

界を作るか?どういう世界感を持って回りの世界が動くか、と

いう日常を大げさではあるが浮き彫りにしている。幸せな結婚

ではない人々がどういう風に回りの人々を影響を与えてしまう

か?それが、偉大なるギャツビーという人物から浮き彫りにさ

れる。ギャツビーはさながら悲劇のピエロなのである。ただ、

その裏に示唆されるテーマを考えると、主人公はニックでも

ギャツビーではなく、この物語で重要なキーとなっている女性

たちの心情があまり描かれていないのが残念に思う。



個人的な感想を言うと、ぼくはギャツビーという人間に共感す

る事もできなかったし、美しい描写で物語を語るニックにもそ

れほど感情移入できなかった。まるで悪い夢でも見ているかの

ように、そこで暗示された予感が、ごく当たり前のように悪い

方へと向かうような、そんな物語に感じた。ただ、こうした物

語が本当に功名に進んで行く感じが末恐ろしいというか、今ま

でにないような「体験」だった。そうした希有な体験からすれ

ば、この作品は傑作である事は間違えないと思ったし、繰り返

し読む程の面白さがあるのだろう、と思えた。



本を読み終えてテーマを決めて、それについて話すのが人生に

とって有意義な事であって、これから世界をつくってゆく人間

がこうした名作からそうした事を軽くでもいいから話さなけれ

ば、名作を読む価値なんてあるんだろうか?



なんだかパラドックス的だけど、そんなふうに語るのは、自分

という人間が主人公のニックのような頭でっかちな人間なんだ

ろうと思ってしまう。。。そうすると、ニックに共感する事は

然程悪いことではないのだが、直感的に言えば、ぼくはそうし

た自分が好きではないし、村上春樹がまわりくどい長い描写を

するのも好きではないのです。言わば、今回この作品を読んで

みてわかったのは、自分が好きではない村上春樹の一面は、こ

のフィッツジェラルドの文体から来ていたんだな、と思った。

あとがきのまわりくどい文章も楽しむ事ができなかったのが、

本音です。



というわけで、すっきりしない小説、、、というのが第一印象

でした。どこか救いの部分もあるかもしれないので、繰り返し

読んでみたい気もしますが、しばらくは時間をおこうか、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月曜日)

ニシノユキヒコの恋と冒険 - 川上弘美

nishino_1.jpg

3年越しで読みたかった本でした。文庫版がでてたのに気がつきすぐ買いました。すぐ読み終わりました。面白かったです。

行間から伝わる女と男の間。人を好きになる流れ。人を愛するようになるまでの「好き」と「愛する」の距離の置き方。終わりから始まり。お箸の国の恋愛小説は、こういう文体だと安心して読めますね(笑)現実はドロドロとかガツガツしてんのかな?このぐらいであってほしいんだけどね。ま、他人の恋沙汰はどーでもいーけどね。モラルを語るわけでもないので。

これ読んでより女心がわかったかというと、そうでもないでしょうな。苦笑。でも男でも女でも、過程は違うかもしれないが、人を好きになり、愛するようになるのには、段階があったり、細かい事の積み重ねがあり、同じな気がする。過程が違うんだ、きっと。そんな事をぼんやり思いました。

川上弘美さんは、「蛇を踏む」を読んだ時に、あまりしっくりこない作家だと思ってたんだけど(なんでかというと、何か核のある小説というよりは、全体としてぼんやりして、文体や雰囲気だけに気をとられがちな内容だから。)それはそれでいいのかも。この人の文体好きです。その古い感じが。この小説も結局は何をいいたいのかは分からないけど、それらは、上に書いたような事柄を”醸し出している”わけで、想像力をかきたて、何か余韻を残してくれている。どこかしら、主人公不在を感じさせるのような不思議な感覚の恋愛小説かもしれない。

ぼくは人生で芸術と音楽ばかり夢中になってて、いつか「誰かを愛せる」んですかね?う、と言葉につまるぼくがいるわけですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金曜日)

GO - 金城 一紀

go.jpg

やっと読めました。この本。ひさしぶりにのめりこんだ小説でした。傑作だな、と思いました。問題定義と社会メッセージ性の強さが気持ちいい。人物も生き生きとしているし、映像的でもあり、心理描写もユーモアがあって面白い。全国推薦図書にしたい(笑)あまりにもウマい文体だし、素晴らしい設定・世界観なので、「博士の愛した数式」と同様に映画を観るべきかどうか悩みます。しばらく文章にひたって、ちょっとしてから映画をレンタルしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月曜日)

Vonnegut returns!

1.jpg

If I dieーGod forbidーI would like to go to heaven to ask
somebody in charge up there, ‘Hey, what was the good
news and what was the bad news?

「もし私が死んだらー神はゆるさんだろがー天国に行かせてもらって、
そこの責任者に聞いてみたいもんだな。
“なあ、何が良いニュースで、何が悪いニュースだったんだい?”」

| | コメント (0) | トラックバック (0)