P o l i t i c

2005年7月 3日 (日曜日)

ハンバーグと選挙、そしてサミット

DSCF3612.jpg

きょうは豆腐ハンバーグを作った。選挙投票日でもありました。日本にはハンバーグの味と同じで、たくさんの政治党がある。だが、日本や日本人について愚痴を言う人や経済について不平を言う人たちを含め、サラリーマン国のサラリーマンたちが、割増していく重課税にもかかわらず、まとまりもしない自民党を長年支持し続ける理由がわからない。みんなが好きなハンバーグだから、みんなと同じものを食べる、みたいな政治感覚が存在している気がしてならない。アメリカのような2党政治がいいとも言えない。いずれにせよ、デモクラシーにおける人気投票の末、権力の座にありついた政治家が、抗争がちな現総理であったり現都知事であったりする現状に、時として、日本人として後ろめたさを感じることがある。

ハンバーグはおいしかったヨン!
(ちなみに、アメリカにハンバーグはない。なんで玉葱いれる必要がある?と質問された。)

村上春樹さんは再びボストンに住んでるらしい。いいよな、気楽そうで。日本で偉くなった文化人って、春樹さん以外でもそうだけど、日本人であることに対してものすごく淡白というか、超中立的な距離を置いてらっしゃる気がする。世界を、日本を、よいところであるように誰もが望むけれど、こうした文化人の人たちがまともに声を張り上げて、それが政治に繋がるかというと、残念ながらそうでない気がする。ライブ8も同じ。。。文化人やミュージシャンが変えたいのは、私たち一般人の意識だと思うんです。そうでしょ? もちろん、今回のサミットで何がどう動くか?期待せずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月22日 (土曜日)

Mr. Lennon

DSCF2943.jpg

 I am not a good chef, but cooking is a fun thing to do. It might be a center of living a happy life. Sometimes I enjoy planning the process of cooking the dinner. While I am working or riding my bicycle on the way back to home, I think about the plan in a part of my head. Some of my friends tell me a joke; "you can be a full time household husband." I always agree.
 When Ms.Lennon gave a birth of Sean, Mr.Lennon had taken care of their baby as a full-time household father for 5 years, until he started recording his last album (Double Fantasy) Somehow the episode in a life of John Lennon keeps in my heart and I adore it for years, which means something good for myself, maybe.
 In Japan, there is a lot of issues to raise a child. The social environment is terribly behind from one in Europe and USA. The low birth rate keeps going down even if the economy has recovered. Only I can do right now is sighing...and enjoy cooking.

 シェフには程遠いが、料理は好きだと思う。幸せな人生は食にあり、だよ。たまには、夕食の仕立てを考えるのが楽しい。働いている時や自転車に乗って帰宅する時、頭の片隅で仕立てを考える。友人にはよく冗談を言われる:「良い主夫になるよ」
 ミズ・レノンがショーン君を生んだ時、ミスター・レノンは5年間育児をしました。最後のアルバム(となってしまったDouble Fantasy)をレコーディングするまで。ジョン・レノンの人生の1エピソードですが、この話は、高校生の頃からもう何年も、どういうわけかぼくの心に留まっている。たぶん自分にとって、何か意味があるのかもしれない。
 日本は子供を育てる上で、ヨーロッパやアメリカと比べての社会的環境が整ってないと思われます。(育児休暇とか男女の社会的地位とか受験教育とか問題だよねぇ)少子化は経済が回復しようとしまいと続くでしょう。間違いない。今できることと言えば、ためいきをつくこと、そして、料理を楽しむことぐらいだな。。。(暗いシメでごめんなさい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月11日 (火曜日)

20

DSCF2512.jpg

The first thing is the first.
Again, the beginning of a year, I went to print my negatives in a rental dark room. Without a doubt, the process of making images has been changing to the digital not only for myself but also for the entire photographic society, but I always like them both. The digital is fast. The analog is precious. Period.

Today I picked up my prints and they came out nicely. I felt gooooode!

It has been 10 years relationship between me and the dark room. I started the photography, when I was 20. Today was a national holiday as of the young people, the age of 20, in Japan. (20 is the LEGAL drinking age in Japan.)

Hello, the young 20! Let's rock the world with me!
(By the way, do you know what "Rock" is about??? Uh, nevermind.)

大事なことは「年はじめ」が肝心っていうもの。
今年も「年はじめ行事」で暗室に篭りました。前は10時間ぐらい平気だったけど、今は休み休みで6時間が限度。歳を感じる。私個人に限らず、写真業界もデジタル化が著しいですが、やっぱり両方がいいです。(わがままなもので2つのチョイスから食べ物をくれる場合、迷わず「両方ダメ?」と(かわいく)聞いてしまう厚かましい私)

今日は乾いたプリントを取りに行きました。まあ納得の仕上がり。気分いい!

もう暗室とのおつきあいはかれこれ11年目です。20歳で初めてカメラを触って、写真を始めました。今日は成人の日でしたねぇ。20歳のみなさん、おめでとう!お幸せに?かける言葉がわからないです。留学時代は一度も日本に帰ることは無かったので、私は成人式に出ませんでした。毎年いろいろすったもんだありそうだけど、出れるのはちょいと羨ましかったりもします。

20歳(に限らず、20代の)のみなさん、一緒に頑張りましょう!ロック!
(ポップな2000年代の現代若者に「ロック魂」ってあるの?てっとりばやく言うと、「踊る大捜査線」のプロット(テーマ)でもある「反権力主義」っていう感じのもの。「お年寄り」は大事に致しますが、私が20歳から10年経過しても国家権力が「お金にまみれた年寄り」に牛耳られており(世界中同じ?)、戦後60年、日本の政治は変わってないとです。残念!一緒に侍斬りしましょう。選挙投票でね。)

Start me up
The Rolling Stones, Steel Wheels

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 4日 (木曜日)

Oh, say, can't you see?

z.gif


 Please, promise me, Mr.Bush.
 
 In another 4 years term, please don't even get close to my Japanese and American friends and families to your "mighty", "revolutionary", and "democratic" power against the terrorism; Iraq, North Korea, Southern African countries, Israel/Palestine, Afganistan and wherever you would like to "fight" or "bring them your democratic freedom" all over the world. If you wish to fight, just would better to do so. Your republican friends and families will know much more about you in detail. You may be on the frontline with your brothers of Mr.Koizumi and Mr.Blair, then. Brave yourselves. I know you are VIP in the whole world, so your soldiers will dive into gunshots in front of you. See their bloody faces. Feel their breathes dying. And please don't forget to visit the Iraq villages that you have attacked with missles and depleted uranium bombs. Why don't you give a good hug to children there, with your lovely wife, Ms.Laura? I know both of you are well-educated adults. You know the radiation treat you good, don't you? Treat yourselves. Behave yourselves.

the Beatles: Nowhere Man (1965)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月19日 (火曜日)

#23 Lizard

DSCF1864.gif

 
 Only two things are infinite, the universe and human stupidity, and I'm not sure about the former."  Albert Einstein (1879-1955)

 Once again, the typhoon #23 on this time, nicknamed as Lizard, strikes on the westside of Japanese Islands. It will be rainy days again. Meanwhile in the Japanese Diet Building thesedays, some ministers including the prime minister, Mr.Koizumi, keep a "fine" records on their slippin' tongues, here and there. Yeah, IT is nothing. Understandable. They come along to be known who they are in an easy way. Keep going. Show us more what you think and what you wanna do. WE, some of us all, stop you down in this ignorance. Natural disasters strike us, but it makes us strong. On the other hand, facing the stress against the political sillyness turned out to be nothing. Which means, I guess, I should learn to be like the mind of typhoon, growling like a tiger at the beginnning, and bringing back into peace and calmness at the end.

 台風23号とかげが近づいている。西日本列島に上陸する。
 また雨の日が続くだろう。その間に国会では相変わらず小泉総理を含む大臣たちの失言が続いている。もはや記録的と言ってよい。もはや呆れることでもない。よぉぉく理解できる。彼らがどんな人間であるか、明らかになっただけだ。もっと失言して頂けないですかね?あの方たちがどんな人間で、何をやらかそうとしているか、はっきり国民に分かるようになりますから。悪いのは国民の無視状態であり、野放しは良くありません。天災は人を強くするというけれど、政治的ストレスを制するのって何か得ることはあるんでしょうか?たぶん何もない気がする。アインシュタイン博士は「政治とはいかなる時代も大なり小なり愚かなものなのです」という名言を残しています。おそらく、ぼくは台風から学ぶべきだろう。あの虎のように咆哮し、静かな平穏をもたらすような心を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月28日 (水曜日)

America divided into two parties.

e1gentp8.GIF

 
Politic is complicated. In Japan, there are a couple of parties, which sometimes I don't understand why they are separated in their variety. A politician said that he can not agree with the other party in such and such, but usually the comment for publicity is very short and overlooked by the advocates or the entire media, so it does not explain anything. Perhaps it sounds noizy to make a good statement. Besides, at the daily conversation level, the Japanese launguage is very vague and omitted in short sentences. I don't know. It is corny and contradicted though, because, as you may know, Japanese are always serious and look for a perfection. Anyway I always think that many things get in cut, not explained anywhere enough. And even worse, no one seeks for a good speech.
 
Japanese don't have a speech class in a college; Strange. Unless you want to be an actor or some professional roles on a stage, you don't know how it feels to get a grip in front of a bunch of people. Yeah, we are shy. As the result, the power of a man as a strong indivisual; a good leader does not exist in many fields. We are a short of good leaders. Sadly, even if we have a good leader, we are screwed because we haven't developed a good communication theory such as a logical thinking+persuasion, win-win situation, or cause and effect. Many people get passive, saying always yes to their boss. Dah! Where is our happy medium?  
 
On the other hand, leaders in US Congress makes a good statement in speech. Very present in a good manner(--but I guess many of american people know that it is just being formal, and nothing is special about it.) I tell you, my american friends, you should be proud of it anyway, because in some asian countries, those adults in congress get bloody and have a "real" fight in a childish launguage and, uh, a little violence. To look at two countries, I can not say which is better, but I guess both of them didn't work well. American Congress is like a watching Star Wars. Jedi vs Sith. Winner and Loser. A Pawn takes a King. Yes, the most of governers in both of our countries speak of nothing but baloney, which also may sound BS. Excuse my French.dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月20日 (日曜日)

One Hundred Million Candle Lights「1000000人のキャンドルナイト」

j8wwkb43.GIFIn US, my american friends use tungsten lights in house. They wake up early and go to bed early. I, mostly late night & morning person, adore the life style, really. After all western culture comes from the hunter culture. I am a Japanese, whom comes from a agricultural culture, but when I stayed with them at the first time, I loved the dim darkness and warmness of the light somehow. Sometimes I shut the fluorescent lights, and use only tungsten lumps to read books or listen to music.(By the way, I live w/o TV, anyway.) Today, in this summer soltice, a commitee produces a campaign that let us use the candle light only. O'course, I go for it. And the music should be Debussy's preludes, libre 1.



アメリカ人はタングステン光(黄色系のやつ)を好みます。早起きで早く寝ます。ぼくは遅寝遅起ぎみなので、ぼくの友達の生活規律ぶりには憧れます,ホントに。結局西洋人は狩猟民族なんですね。ぼくは列記とした農耕民族日本人ですが、友達の家に初めて泊まらせてもらった時には、その薄暗さとタングステン光の暖かさをすごく気にいったものでした。時々、いまでも蛍光灯を全て消し無印の持ち運べるあかりだけで本を読んだり、音楽を聴きます。(そもそもぼくはテレビの無い生活です。)今、この夏至期間、百万人のキャンドルナイトキャンペーンをやっていて、キャンドルライトだけで過ごしちゃおうというのがあります。もちろん、ぼくも参加です。音楽はドビュッシーの前奏曲集1で。

http://www.candle-night.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月14日 (月曜日)

ごめんよ

mjbt8sfq.GIF

http://www.ribbon-project.jp/yuji/text.htm

未来の息子と娘へ

きょうも楽しく外で遊んだかい?ぐっすり眠るんだよ。
きみたちには何時の日か会うかもしれないけど、会わないかもしれない。何しろおとうさんは、きみたちのおかあさんにも出会ってないから。でもきょうはこれだけは伝えておきたい。

きょう日本で重要な事がきまってしまったんだよ。人々を守るという決まりをつくるといいながら、なんらかの形で戦争に巻き込まれる時は協力しなさい、という決まりができてしまったんだ。いつの時代も、偉い人たちは勝手で嘘つきなものなんだよ。ひどいだろう?

勿論とうさんは反対した。でもとうさんの声は偉い人たちには届かなかったんだ。ごめんな。ひょっとしたらきみたちが大人になる頃には、日本はどこかの国と戦っているかもしれないかと思うと心が沈む。どんどん偉い人の言いなりなんだ。許してくれ。今、とうさんは毎日働いて食べていくことで精一杯だよ。わかるかな?

でもこれだけは言っておくよ。きみたちを戦争にいかせたりさせない。平和主義とは何かを考え、その上で他の国の人たちと仲良くしていくんだ。別に慣れ慣れしく仲良くしなくてもいいんだ。普通に優しくしていれば。心と言葉は優しくなるためにあるんだ。

じゃあおやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)