T O N O R T H

2007年10月 8日 (月曜日)

屈斜路湖にて

dscf8647.jpg

dscf8648.jpg

dscf8649.jpg

景は人を呼び、人は絶景を呼ぶ。たぶん、人類はそうやって大地を歩いてきたんだろう。そしてまた、その美しい景色で我を忘れ、自分がちっぽけに感じる時、 次第にこころが辺りの風と共にあり、遠い場所にいる人の存在を想うようになる。 世界はそのようにして繋がっているのだろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火曜日)

 

dscf8641-1.jpg
 

   4年ぶりに北海道へ行ってきた。

 

   ああ、やっぱりぼくは旅が好きなのだ。人生には旅が必要なのだ。

 

   あの時、確かに、そう感じた。

 

   頭を使ってでてきたものではなく、からだ全体で感じた答えだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金曜日)

黒部ダム

DSCF4146b.jpg


The Kurobe Water Dam the 4th was the largest one in Japan, spent about 467 million dollers, constructed by 10 million workers, and completed in 7 years. The total power generation for a year by this dam is approximately 1 billion kWh. In every year, about 1 million visitors came to see this place nowadays.

Also, it was a place in connection with my grandfather, who past away when I was about 3 years old. He was there in a rainy autumn day in October 11th, 1976, which was a remembrance by his beloved daughter still keeps a postcard from him at the dam. 30 years later, in a rainy and foggy summer day of August 22nd, 2005, my mom and I were there, too.


黒部ダム(通称:黒四)は日本で一番大きなダムであり、513億円を投じ、1000万人もの人手で、7年間かけて完成したダムです。1年間の発電量は約10億kWhにもなります。また1年間にこのダムを訪れる観光客は100万人となっています。

この場所は、ぼくが3つの頃に亡くなった、祖父ゆかりの地でもあります。1976年の秋の終わりに、ある雨の滴る日に、祖父はそこにいました。約30年後、雨と霧の8月22日、ぼくもそこへ訪れることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火曜日)

Sunset...

DSCF3393.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月曜日)

涼水求む

DSCF3379.jpg

Where is the rainy season? My apartment has been like a sauna. Though I haven't used the air conditioner, I opened the box of a fan yesterday. I bring back my memory to the Lake Nanko, walking around at the evening. Well, well, it's time for a dinner. We need more rain, otherwise...

梅雨は何処?部屋の中は蒸し風呂状態。エアコンはまだ使わないようにしてるが、昨日、扇風機を取り出した。涼しかった南湖の午後を一周。。。頭の中で。やれやれ、夕食の時間だ。もっと雨降らないと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火曜日)

小峰城 - Komine Castle -

DSCF3323.jpg

A HISTORICAL MONUMENT. The old castle, Komine, was a restored architecture, but I enjoyed the sight very much. It was a fine sunny day.
I spent a few hours there with my cameras.
歴史的建造物 小峰城は、復元されたらしい。でもとても楽しめました。極天気のいいある日、数時間をここでカメラぶらさげてウロウロしてました。

DSCF3324.jpg GATE. I believe the gate was not restored. It remains as the same as hundreds years ago. It had a grand impression to all of visitors.

 門は復元されてないと思ったけど。たぶん昔作られたままかな。とにかく壮大な感じがして訪問者はビビりまくり。

DSCF3335.jpg


The inside of the restored castle was made by cypress. The color and dazzle of the Japanese wood was simply magnificient. You can climp up to the top, which is the 4th floor.

復元された小峰城内部はすべて檜でできている。その色と輝きがただ単純に気分をキリリとさせた。一番てっぺんの4階まであがりたければ、あがることもできます。

DSCF3334.jpg 


 
 [LEFT]
 The combat window against
 exterior intruders.
 [左]
 外界の侵入者に対する戦闘用の窓。


DSCF3337.jpg
 Holy Angel...
 → in a Japanese version,
 it turned to be a holy fish.
 Don't ask me why.
 Oki Doke?

 シャチホコ!
 って、どー英訳すればええねん!
 とにもかくにも、本日、本免許取得!
 あ~良かった。
 南湖自動車学校の皆さん、
 ありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月曜日)

The Old Garden

DSCF3318.jpg
南湖公園-日本庭園:翠楽苑[すいらくえん] Suirakuen, Nanko Park, Fukushima, 2005    

Since I came back from US, I visited many of Japanese gardens in Japan. The garden is a difficult subject to photograph, but without any reason, I visit there and photograph. Simply it is entertaining for my eyes and imagination so that sometimes I am be influenced by the beauty created by the old Japanese gardeners. For me, a garden can be a place to feel the genious of gardeners and find a connection with the modern life and value.

そういえば、留学から帰ってきて以来、たくさんの日本庭園を訪れている。庭園は作品用の写真を撮るには難しいテーマではあるけれど、理屈なしに、ぼくはよく庭園を訪れ、写真を撮ったりします。単純に自分の目と想像力を楽しませてくれる上に、昔の庭園作家に作り出された美意識が良い影響を与えてくれるんですね。ぼくにとって庭園とは、庭園作家の天才に触れると共に、現代のライフスタイルや価値観を照らし合わせる場所なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日曜日)

Geese, Goose, & Ant

DSCF3386.jpg

Have you ever seen the wild goose? I hadn't.
Around the Nanko Lake, I had seen a bunch of geese.
*goose (single)→geese (plural) They looked very easy going.
I liked their crying in high tones. Qua, Qua, Qua, PAHQUAAAAAAAAA!

野生のガチョウって見たことある? オイラ、なかったよ。
南湖のまわりには、たくさんいた。
*ガチョウは英語でグース。でも複数になるとギース。変なの。歯と一緒だ。
奴らはのんびりしてて、特に高い鳴き声が愛らしかった。
クゥワ、クッワ、クッワ、パグゥワァアアアアアアアア!

DSCF3353.jpg 
Wait a minute.
Is this a goose? or duck?
A white goose? Am I right?

ちょっと待てよ。。。
これってガチョウ?アヒル?
白い、、、ガチョウだよね?




DSCF3359.jpg 
 Ant. Somehow,
 when I was watching TV,
 he was there. Every night,
 there was only one ant.
 A strange room to stay it was.

 そういえば泊まっていた部屋で、
 テレビみてると、蟻がでた。
 なぜか、毎晩1匹ずつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土曜日)

南湖団子

DSCF3352.jpg

  Here is the TOP three list of Nanko.
  Those were...#3, The oldest Japanese garden, #2, Nanko Lake,
  and #1, Nanko Dango. It was very sweet.

  南湖でのトップ3リスト。
  第三位、、、日本最古の日本庭園、第二位、、、南湖
  そして第一位、南湖団子! むちゃくちゃ甘かったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金曜日)

MAGIC

nanko_1.jpg

90 MINUTES NORTH FROM TOKYO (by the super express train.) 14 DAYS. I stayed at the Nanko Driving School in Fukushima perfecture. The reason I chose the location was to see the Lake Nanko. Without a doubt, I expected the water must be beautiful there. To round the lake took only 20 minutes by bicycle, I think. I parked the bicycle in some spots and took good walkings for a couple of times. Seeing the sunset of sky and water was like a super lighting magic show. I was truly blessed at heart. If the sun charged me for it, I might be willing to pay until I am broke. It gave me a wonderful memory of the place.

新幹線で東京から北へ90分。14日間。ぼくは福島県白河市にある南湖自動車学校にいた。この場所を選んだのは、南湖公園を見たいからだった。水が良さそうだと確信してた。南湖は1周するのに自転車で20分ぐらいだったろう。数回に渡り、良さそうな場所を選び、自転車を留めて散歩したものだった。空と水に映える夕日は、まさに光のマジックショウ。心からの幸せを感じた。もし太陽がぼくに金払えと言えば、おそらくお金なくなっちゃうまで見たいだろうと思った。南湖は記念の場所であり、良い思い出をくれたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧